性感帯はどこ?もっと感じる性感帯をさがす方法

性感帯はどこ?もっと感じる性感帯をさがす方法

ひとりエッチで指を出し入れしたり、クリをクリクリっといじってみたりしても、なかなか快感を覚えることができない女子のみなさん、こんにちは。

 

今回は、何百人もの女子を指1本でイカしてきたAV男優さんが教える「もっと感じる性感帯をさがす方法」についてご紹介したいと思います。

 

 

さっそくメモのご用意をして(?)一緒に見ていきましょう。

 

■1:くすぐったいところをさがす

 

くすぐったいところとは、医学的に見ると神経がたくさん通っているのだそうです。だからそこはイキやすいのだと……。
脇の下。ただくすぐったいだけではなく、彼に脇をくすぐられているうちにジワっと愛液が垂れてきた……なんて経験、ありませんか?
4PもののAVで足の裏が超感じる性感帯だった……という女子もいました。

 

■2:湿っているところをさがす

 

汗が出やすいところも感じやすい場所なんだそうです。たとえば太ももの付け根。ここは男女ともに舐めたり指を這わせると感じやすいのです。
そのほか、手のひら、うなじ、腕の関節、脚の関節などがあります。
ひとりエッチのときは、たとえば太ももの内側を触ってからの、太ももの付け根を触ってからのクリへ……という流れはいかがでしょうか?

 

■3:くぼんでいるところをさがす

 

鎖骨の下や背中の肩甲骨のくぼみ、腰のくびれなども性感帯なんですって! これはひとりエッチでどう触っていいのか、ちょっとイメージが湧きませんが、たとえば彼とのエッチのとき、腰のくびれを掴んでもらってバックをするとか、騎乗位のときに腰を掴んでもらうというのは、ありかもしれません。

 

いかがでしたか?

 

女子はわりと全身に性感帯があると言われています。耳がすごく感じる人もいますよね。指と指のあいだが感じる女子もいます。
じぶんの性感帯をじぶんで積極的に探してみて、最高のポイントを知ったうえでオナニーすると最高ではないでしょうか?