太ももやお尻を見たがる彼は変態なのでしょうか?

太ももやお尻を見たがる彼は変態なのでしょうか?

●質問

 

彼はわたしの太ももやお尻を見るのが大好きです。わたしのに限らず、女子アスリートの太ももやお尻を見るのも好きらしいです。彼は変態なのでしょうか?

 

●回答

 

女子の太ももやお尻って、男からすれば、女子にしか持てない生命力を感じるパーツなんですよね。
たとえば、女子のフィギュアスケートを見ながら、お尻や太ももを目で追う男がいます。
彼は変態なのか? あるいはロリコンなのか?

 

もちろんそういう男もいると思います。

 

でも、変態であれロリコンであれ、なんであれ、女子にしか持てない種類の生命力を、男たちは、そのフィギュアスケーターのお尻や太ももに見ているのです。

 

女子にしか持てない生命力とはなにか?

 

では、女子にしか持てない生命力とは何なのでしょうか?

これを言葉で説明するのは非常にむずかしいのだけど、たとえば、希望と言い換えることができるかもしれません。

 

過去のつらかったことや、やり直したいと思う後悔するようなことを一切抜きに、ただ素直にまっすぐ前を見て、そこに光を感じようとするような感覚、つまり、純然たる希望だけが集まっている場所が、男にとって、女子のあの太ももやお尻なのです。

 

この手の希望がないと、男は生きづらいのです

 

そしておそらくは、その手の希望がないと(その手の希望を、わりと頻繁に目にしていないと)、男は少々生きづらさを感じてしまう――このようなことも言えるように思います。

 

なぜなら、男は、男だけで希望を見ることに困難さを感じるからです。

これは、男ばかりの集団を想像するとわかるかと思います。
男ばかりで集まっていたら、やがて誰からともなく「女のいる場所に行こう」と声が上がります。たとえば会社の飲み会の席だと、スナックやキャバクラで飲みなおそうと、誰かが言い出します。

 

そう言い出す男はスケベなのか?
もちろんスケベさも持っていると思われるものの、でもしかし、男だけでいると、なぜか純然たる希望を見出しにくくなって、場の雰囲気が「詰まってくる」のがわかるのです。
だから女子のいる場所に行きたいと言い出す男がいるのです。

 

女子のおっぱいやお尻には希望が詰まっている! 

 

女子のいる場所で男はなにをするのか? 
たとえば、酒を飲みつつ談笑します。
がしかし、そのとき、男の目は、女子特有のあの、まあるいおっぱいやお尻、太ももを追いかけています。
つまり、男にとって、女子の太ももやお尻とは、希望なのです。
その希望とは、男から見たらすなわち、女子にしか持てない生命力のことなのです。