やっちゃいけないけど!「トイレでエッチする」ときに気をつけること5選

やっちゃいけないけど!「トイレでエッチする」ときに気をつけること5選

公衆トイレでエッチをしてはいけません……が、今回は「ネタとして」トイレでエッチをするときに気をつけるべきことについて、ご紹介したいと思います。
お話は、高校時代に彼氏とトイレでエッチしまくっていた友香さん(22歳)にお聞きしました。

 

 

さっそくご紹介しましょう!

 

■1:ベルトを抜く

 

「トイレでエッチをするときは、彼のズボンのベルトは抜いておいたほうがいいです。ズボンを全部脱げばいいんですが、トイレでズボンを脱ぐのはちょっと大変でしょう? ベルトを抜いておくと、カチャカチャと音がしないので、なにかといいです」
たしかに音がしていたらエッチしているのがバレますもんね。

 

■2:ティッシュを大量に流さない

 

「エッチのあと、ティッシュを一気に流してはいけません。トイレが詰まることもあるし、全部のティッシュが流れ終わるまで5分も10分もかかります」
10分もティッシュが流れるのを待つと、わりとイラっとしますよね。興ざめなので、うまくティッシュを流したほうが得策です。

 

■3:声を出さない

 

「当たり前のことですが、声を出してはいけません。あっ! とか、んっ! という声も、となりの個室のひとが絶対に聞いています」
定番中の定番ですよね。

 

■4:壁に精液をかけてはいけない

 

「トイレの壁に精液をかけると、あとからそれを拭きたくなくなります。なんか汚いと思ってそのまま放置しちゃったりします。絶対に壁に向けて発射しないというのはマナーです」
たしかにマナーでしょうが、そもそもトイレでエッチするというのがマナー違反なので、あまり説得力がないご意見かもしれません。

 

■5:洋式便座で座位をしない

 

「洋式便座は、そもそもひとりの体重にしか耐えない設計になっています。ふたりが座って、しかも激しく腰を動かすと、便座が壊れます」
当然のことですが、知っておいたほうがいいことでもありますよね。

 

いかがでしたか?

 

公衆トイレでエッチというのは、マナー違反ですが、若いと、ついどうしても……ということもあるのかもしれません。100%バレていると思って、覚悟しつつヤる、とか、便座を破壊して弁償することを覚悟でヤるなど、なにかと高度な覚悟が求められるのが、トイレでのエッチだと言えるでしょう。