じつはひそかに「男子が困っている」エッチなこと4選

じつはひそかに「男子が困っている」エッチなこと4選

男子、じつはひそかにエッチなことで困っています。女子が、じつはデリケートゾーンが痒いんだよね……と困っているくらい、困っています。
具体的になにに困っているのか、何人かの男子の証言をお届けいたいと思います。
さっそく見ていきましょう。

■1:フェラをしてくれているとき、おならをしたくなる
「彼女にフェラをしてもらっているとき、かならずおならをしたくなって困っています」(25歳・建築)
正常位のときに、おならをしたくなって困るという男子もいますよね。ちょっと気が緩んで、あそこも緩むということでしょうか。

■2:毎晩オナニーしないと落ち着かない
「ぼくは毎晩オナニーをしないと落ち着かなくて困っています」(25歳・運輸)
これは女子にも、毎晩オナニーをしないと落ち着かないひとって、いますよね。まあひとそれぞれということでいいのではないでしょうか。

■3:女子高生の脚にすぐに目がいってしまう
「彼女とデートをしていても、女子高生の生脚につい目がいってしまって、彼女に後頭部を叩かれます」(23歳・大学生)
男子って、つい、いろんなところに目がいってしまうものです。キャバクラで取材をしていても、男性客でキョロキョロしているひとって、たまにいますしね。何歳になっても、男ってそういう「目が忙しい」生き物ってことではないでしょうか。

■4:AVに出演したい夢がかなわないこと
「いつかは必ずAVに出演したいと思っていますが、公務員になってしまったので、夢がかなわず困っています」(24歳・公務員)
AVはなぜ男子は出演したことがバレやすくて、女子はバレにくいのでしょうか。
謎です。幼稚園の先生でAVに出たり、キャバクラやスナックでバイトをしているひともいますが、なかなかバレないですよね……。